組織と体制

静的ではなく動的で迅速な対応できる組織を

密なコミュニケーションと情報の共有

  • 真栄総業の給食業務運営体制は、利用者様の体調の変化や施設の変化にいかに迅速にかつ柔軟に対応するかという視点で構築されています。そのためには、常にお客様と密で良質なコミュニケーションが欠かせません。弊社サイドの体制は、集団給食の経験豊富なスーパーバイザーを各部門に配置していますが、そのことが厨房運営の固定的で静的な運営をお客様に強いるものではありません。
  • 栄養士、調理師、さらには営業サイドも厨房運営のご相談にのり社内の各部門が情報を共有し多角的な視点から、利用者様にベストな食事を提供する体制で運営することを目的としています。

 

真栄総業 運営管理組織図

 

各部門の役割と協力体制

労務・業務管理

  • 厨房で働くスタッフの募集や人材育成などの労務管理と調理実務面で厨房スタッフのスキルアップを支援します。スーパーバイザーとして実務面で最も活躍する部門ですのでお客様に頻繁に顔を合わせることが多いため、集団給食業務の経験豊富な人員を配置しています。

 

栄養・衛生管理

  • 献立の開発・作成を中心とした栄養管理と実務面から1歩離れた客観的な視点から衛生管理を監視します。厨房スタッフへの衛生教育もこの部門の人員が担当します。配置人員は管理栄養士・栄養士中心ですので、スーパーバイザーと同行して各事業所配置の栄養士の支援も行います。

 

業務開発(営業)

  • お客様と最初に接する部門で、弊社の受託実績などをご紹介すると同時にお客様のご要望や改善希望点などをうかがい、弊社なりの運営提案をする部門です。弊社では、営業段階でスーパーバイザーが同行し、実際の運営面の事柄を具体的に分析し、受託開始後は営業サイドでもお客様への訪問をすることにより多角的な視点からの業務運営や改善提案が継続して行えます。